学校法人 愛泉会 芸術工芸

「生きる力」を育む

10月1日(土)第2回特別講演会がありました

10月1日(土)に第2回特別講演会がありました。

前回は府中での開催でしたが、今回は本校の最寄駅である、

聖蹟桜ヶ丘直結の聖蹟アウラホールにて行われました。

 

この講演会は、本校が今年4月に新たにデザイン科として再スタートを切ったことを記念して行われたもので、

7月に引き続き、今回が2回目の開催となります。

 

前回は臨床心理士の先生においでいただきましたが、

今回は医療の現場からということで、

島田療育センター医務部 副部長  児童精神科医 野村健介先生にお越しいただきました。

 

テーマは

「発達障がいの特性の理解とその対応」 

成長にあわせた対応の「公式」を学ぶ

 ということで、幅広いお子様が受診されている島田療育センターの先生ならではの、

幅広い年齢での事例についてをお聞きすることができました。

 


 

今回も教育関係、福祉関係、お子様をお持ちの保護者の方等、

様々な方面からたくさんの方々においでいただきました。

 


 

わかりやすいスライドを用いての講演に、参加者の皆様も大きくうなずかれたり、メモを取られている様子が見られました。

 

ひとりの子供にうまくいった対応が、ほかの子でもうまくいくとは限らない、

また、一度はうまくいった対応も、成長とともに変えていく必要がある。

といった内容が含まれていましたが、

「では、具体的にはどのような対応を試していけばよいのか」

というような質問にも、さまざまなケースを考慮した具体的なアドバイスを含めた回答がありました。

 

アンケートでも非常にご好評を頂きました。

ご来場くださった方々、アンケートにご協力を頂いた方々には、厚く御礼申し上げます。

今後の活動に活かしていきたいと思います。

 

私たち教職員にとっても大変実りの多い1日となりました。

今後もなんらかの形で、地域の皆様のお役に立てるような企画・イベントを考えていきたいと思います。