学校法人 愛泉会 芸術工芸

「生きる力」を育む

写生大会


 

今年も4月の恒例行事、昭和記念公園での写生大会を実施しました。

 

去年と同じ時季に訪れましたが、今年は暖かかったせいかチューリップの花はほぼ終わってしまい、

そのかわりに菜の花や緑々しく茂った木々の景色が広がっていました。

 

 

外に出て風になびく葉を観察したり、刻々と変わる太陽の光の中で描くこと、

または香りや音といった視覚以外の感覚を通すと様々な発見があるのではないでしょうか?

 

 

 

スケッチの間は熱心に描いている生徒もいれば、クラスメイトと見せ合ったり、

一つのレジャーシートにたくさん入って描いる生徒もいて楽しい写生大会になったのではないかと思います。

 


 

お昼ご飯のあとは軽く運動をして、また午後の制作に入りました。

 

じっくりものを見て描いていきました。

 


 

一日中、教室の外にでて新鮮な一日になったかな?

 

今日の発見を学校での授業にもぜひ活かしみてくださいね、おつかれさまでした!